モヤモヤの日々

【退職後】ポジティブ/ネガティブの繰り返し

更新日:

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(三十八代目笑右衛門)です。

誰でも分かる事がある、それは会社を退職した事による損失は図り知れないものが沢山ある事に気づく、もしくは辞める前に想像がつく(>_<)

まずは、安定していた身分(東証一部上場企業)を捨てる事で、その先に待ち受けるものは茨の道以外何物でもないと当時は思っていた。(何より「職業を聞かれたら無職です」から(^^♪)

だからこそ、我慢に我慢を重ね命を擦り減らしてまで理不尽なまでに嫌な事でも仕事をこなしていた。

私が30歳代の頃は、パワハラ、セクハラ、モラハラなど当たり前のような時代であった。飲みたくもない宴席で上司による説教が延々と続く、毎日帰宅するのは深夜で寝る時間も僅かとなり、その日常の繰り返しであった。
当然ではあるが、平日は家族サービスなどなく、酷い時は平日・土日・深夜に関わらず携帯・パソコンを貸与されて24時間365日拘束される毎日であった。

でも、そんな時代でも家族のために歯を食いしばって頑張って来たが、年齢の衰えと若い優秀なエンジニアに対して勝るものが段々無くなって来た。

管理職として、営業、トラブル処理、係数管理、会社への報告資料作成は出来ても、本業であるエンジニアとしては錆びついていく一方である自分がわかる。

こんな時代を乗り越えて来た私でも身体の異変に徐々に気づくようになり、体調を壊して最後は退職を決意した(>_<)

これから先長い人生であれば、40歳、50歳でも身体を壊して一生棒に振る事はない家のローン、子供の教育費など沢山お金はかかる。

しかし、最後は追い詰められて、自ら命を断つより、自宅の売却や子供の学費は奨学金など賄うことで、命を繋ぐ方がよっぽど幸せな人生だと思考を変えた。

私は、この信念に基づいて妻へ会社を退職する事を何度も説明して、ようやく理解を得る事ができた。
もし、夫の身体よりも世間体など気にする妻であったとしたら、間違えなく離婚を切りだす覚悟があった。(こっちも腹を括る以上あとに引けない!!)
幸いにして、妻はその辺りは私の身体が最優先である事を話してくれた。(感謝感謝????)




最近は、薬の影響なのかタイトル通り「ポジティブ・ネガティブ」の日が繰り返される。
ポジティブの日の思考は、会社辞めて「職業=無職」でも、まぁ~、仕方ないよね~????、くらいの感じで、いつか社員に拘らず収入させ得られればOKで済み( ^^) _U~~
一方で、ネガティブの日となると、そうはいかない、先日銀行へ休眠口座の解約(現在ブログ準備中です)をする際に、休眠口座を解約して新規に口座を開設する際に「会社名、住所、電話」などの連絡先があるが、仕事をしていない以上は無職と記入するしか無かった。(恥ずかしい気持ちと、情けない気持ちの感情が溢れ、気分は絶不調となる(-_-;)

恐らく、今後も「ポジティブ・ネガティブ」の日が繰り返されるが、少しでもポジティブの日を増やしたいネ( ^^) _U~~



-モヤモヤの日々
-

Copyright© 傷病手当金受給で救われた崖っぷち元サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.