うつ病の診断

「うつ病」自立支援医療制度

更新日:

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(三十八代目笑右衛門)です。

先日、本ブログを拝見して頂きました主婦の方から良いアドバイスを頂きました。
「自立支援医療制度」と言うもので、診察代・お薬代がお安くなると言う制度です。
ただ、私の知人に本件を聞いた感じですと、「重いうつ病」の方が対象になるケースで「それほど重くないうつ病」では認定されないとも聞かされたので、次回の診察の際に担当医に確認してみます。



1.目的
自立支援医療制度は、心身の障害を除去・軽減するための医療について、医療費の自己負担額を軽減する公費負担医療制度です。

2.対象者
・精神通院医療:精神保健福祉法第5条に規定する統合失調症などの精神疾患を有する者で、通院による精神医療を継続的に要する者
・更生医療:身体障害者福祉法に基づき身体障害者手帳の交付を受けた者で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳以上)
・育成医療:身体に障害を有する児童で、その障害を除去・軽減する手術等の治療により確実に効果が期待できる者(18歳未満)

3.対象となる主な障害と治療例
(1)精神通院医療:精神疾患→向精神薬、精神科デイケア等
(2)更生医療、育成医療:
ア 肢体不自由・・・関節拘縮→人工関節置換術
イ 視覚障害・・・白内障→水晶体摘出術
ウ 内部障害・・・心臓機能障害→弁置換術、ペースメーカー埋込術腎臓機能障害→腎移植、人工透析

4.利用者負担
jiritu

厚生労働省HPより引用
自立支援医療制度の概要



-うつ病の診断
-

Copyright© 傷病手当金受給で救われた崖っぷち元サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.