退職に向けた準備

【最大の難関】両親への報告について

更新日:

いつもありがとうございます。

本ブログの管理人(三十八代目笑右衛門)です。

前回のブログでも書いていますが、洗脳教育の両親にはサラリーマンを退職するなど、到底受け入れられないと思うので、当面時期を見てから伝える事にしておいたのだが、妻は隠し事が嫌いなので電話で体調を理由に会社を退職する事になった旨を話したそうです。

あっちゃ〜、年老いた両親に病気を伝えた所で精神論の会話になるだけで、この先どうするの?と言われるのが関の山。

私も3人の子供がいるので、将来結婚して旦那さんが体調不良で退職をしたらと思うと、いたたまれない気持ちになる筈です。

私は昔から、、、人生50年と考えていました。

織田信長の名言にある「人間50年下天のうちをくらぶれば夢幻のごとくなり一度生を受け滅せぬもののあるべきか」

意味としては、「人間の一生は所詮50年にすきない。天上世界の時間の流れに比べたらはかない夢や幻のようなものであり、命あるものはすべて滅びてしまうものだ」との事のようです。

 




私は少し落ち着いたらこちらから連絡すると伝えて、細かい会話は避けた。

親不孝ものかとは全く思っていない、世間では芸能人、プロ野球選手の薬物汚染、窃盗、強盗な、殺人など起きている中では比較にならない。
まぁ、そんな事件と比較する方が間違いであるのは承知しています。



-退職に向けた準備
-

Copyright© 傷病手当金受給で救われた崖っぷち元サラリーマン , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.